インタビュー(近日公開)

第一楽章は、Perfumeや恋ダンスの振付からリオ五輪閉会式の五輪旗引き継ぎ芸術パートまでを手がけ、今最も注目を集める振付家のMIKIKO氏が担当。
第二楽章は、数々の映画・ドラマ・舞台で、圧倒的な表現力を持って活躍する俳優・ダンサーの森山未來氏が自身初の振付作品として担当。
第三楽章は、北極から南極までを踏破し、世界7大陸最高峰登頂の最年少記録を塗り替える写真家、石川直樹が、舞台人とは異なる視点から担当。
第四楽章は、70歳を超えた現在も踊り続ける舞踏家であり、振付家・オイリュトミストとして世界各国で作品を発表し賞賛を浴びる笠井叡氏が担当。

MIKIKO

ダンスカンパニー「ELEVENPLAY」主宰。
Perfume、BABYMETALの振付・ライブ演出をはじめ、様々なMV・CM・舞台などの振付を行う。
メディアアートのシーンでも国内外で評価が高く、新しいテクノロジーをエンターテインメントに昇華させる技術を持つ
演出家として、ジャンルを超えた様々なクリエーターとのコラボレーションを行っている。

森山未來

1984年8月20日生まれ。兵庫県出身。
映画、舞台、TVドラマ等、さまざまなフィールドでキャリアを積む。
13年秋より文化庁文化交流使として1年間イスラエルに滞在、
インバル・ピント&アヴシャロム・ポラック ダンスカンパニーを拠点にヨーロッパ諸国にて活動。
近年ではダンスパフォーマンス作品にも積極的に参加しており、
演劇、ダンスなどのカテゴライズに縛られない活躍をみせている。

石川直樹

1977年東京生まれ。写真家。東京芸術大学大学院美術研究科博士後期課程修了。
人類学、民俗学などの領域に関心を持ち、辺境から都市まであらゆる場所を旅しながら、作品を発表し続けている。
『NEW DIMENSION』(赤々舎)、『POLAR』(リトルモア)により、日本写真協会新人賞、講談社出版文化賞。
『CORONA』(青土社)により土門拳賞を受賞。
著書に、開高健ノンフィクション賞を受賞した『最後の冒険家』(集英社)ほか多数。
ヒマラヤの8000m峰に焦点をあてた写真集シリーズを5冊連続刊行。

笠井叡

1960年代に若くして土方巽、大野一雄と親交を深め、東京を中心に数多くのソロ舞踏公演を行う。
70年代天使館を主宰し、多くの舞踏家を育成。79年から85年ドイツ留学。
ルドルフ・シュタイナーの人智学、オイリュトミーを研究。
帰国後、15年間舞踊界から遠ざかるも「セラフィータ」にて舞台復帰、数多くの作品を国内外で発表。
代表作「花粉革命」でのワールドツアーのほか、ベルリン、ローマ、ニューヨークでも作品を制作。
近年はアンジェ・フランス国立振付センターで公演及び作品指導やイタリアツアーや、
世田谷パブリックシアターで作品を発表。

森下真樹

2003年ソロ活動開始、以降10か国30都市以上でソロ作品を上演。
近年ではダンサーとして笠井叡、黒沢美香、インバル・ピント&アブシャロム・ポラック振付作品に出演。
また、劇作家・長塚圭史演出作品の振付やシンガーソングライター・矢野顕子(yanokami)ライブにダンサー出演、
漫画家・しりあがり寿や作家・大宮エリーなど様々な分野のアーティストとコラボ。
現代美術家・束芋との協働作品『錆からでた実』を青山円形劇場にて発表し、
第8回日本ダンスフォーラム賞を受賞。

<スタッフ>照明:三浦あさ子、音響:大久保歩、音響操作:小早川保隆、衣裳:萩野緑、舞台監督:河内崇

公演日時

2017年
12月1日(金)19:30
12月2日(土)14:30
12月3日(日)14:30

*受付:開演の60分前 開場:開演の30分前

各回、終演後に振付家・出演者によるアフタートークを予定。

(出演する振付家は未定)

チケット

3,500円(日時指定・全席自由)

*未就学児のご入場はご遠慮いただいております。

チケット取り扱い

e+(イープラス)http://eplus.com
ファミリーマート店内famiポートにて直接購入可能

Confetti(カンフェティ) http://confetti-web.com
120-240-540(受付時間 平日10:00~18:00・オペレーター・通話無料)

発売日 2017年9月30日(土)10時より

会場

森下スタジオ

135-0004 東京都江東区森下3−5−6

*地下鉄都営新宿線、 都営大江戸線「森下駅」 A6出口 徒歩5分  *東京メトロ半蔵門線、 都営大江戸線「清澄白河駅」 A2出口 徒歩10分

主催:森下企画 / 助成:公益財団法人セゾン文化財団

©copyright-森下真樹