schedule profile history works media_close shopping diary en

         
profile
©427foto
  幼少の頃から転勤族に育つ。3つの小学校を渡り歩き、早く友達をゲットするためにいろいろな遊びを開発。その頃の遊びがダンスのルーツ、これまでのダンス作品に強く反映する。また、伝えたい気持ちが先走り、コトバよりも手や足やからだ、時には涙が先に出てしまう。コトバにできないもどかしさがエネルギー源となってダンスになる。また、コトバへのコンプレックスが執着心にもなる。コトバがもつ、リズムや質感、語感などの綾を敏感にすくいとりダンスと融合させる。また周囲を一気に巻き込み、独特な「間」からくる予測不可能、奇想天外な動きで展開されるユニークかつパワフルなワールドが特徴。
これまでに「Study of Live works 発条ト」「伊藤キム+輝く未来」「まことクラヴ」等のダンスカンパニーに参加。03年初のソロ『デビュタント』を発表しソロ活動を開始。翌年、横浜ダンスコレクション2004ソロ・デュオ< Compétition >にて(公財)横浜市芸術文化振興財団賞受賞。以降世界10か国30都市以上でソロ作品を上演。05年には『東京コシツ』が東京コンペ#2にて優秀賞受賞。同年、こまばアゴラ劇場にて初の単独公演となる『森下真樹ダンスショウ!!』を8日間にわたり公演。白井剛とのデュオや、役者として『森下ひとり芝居』など多彩な演目に挑戦し観客を魅了。また、世田谷パブリックシアター・プロデュース演劇作品『雪の女王』(作:アンデルセン/演出:テレーサ・ルドヴィコ)では雪の女王役として初めて演劇作品に出演。また、この頃より劇場公演のほか、トイレ、エレベーター、倉庫、街道、ビーチ、教会、美術館、飲食店、広場など劇場スペース以外でのパフォーマンスも盛んに行う。07年には、日本・フィンランドコンテンポラリーダンス共同制作プロジェクトに最初の日本人アーティストとして参加するなど海外でも活動の場を広げる。08年、青山円形劇場TOKYO DANCE TODAY #3にて初のカンパニー作品『うず巻』を発表、独創的な舞台で好評を博す。同年、キラリ☆ふじみにてピアニスト田村緑との作品『音舞大作戦』や、さいたま芸術劇場「日本昔ばなしのダンス」にて『うらしまたろう』を発表、0歳から100歳まで楽しめる舞台づくりをする。09年、Dance Triennale Tokyoでは、遠田誠(まことクラヴ)とのデュオ作品『独楽犬イルツキー』を発表し、現在も同作品の新たな可能性を探る。10年、オイゲン・ヘリゲル著「日本の弓術」の独特な考え方に触れ着想したソロ『月の的を射る犬』を発表。11年、04年の作品を今の感覚でリクリエーションした作品『コシツ2011ver.』を発表。12年、井上ひさし・作長塚圭史・演出『11ぴきのネコ』で振付を担当、しりあがり寿☆ワールド「ゆるとぴあ」でコラボレーションするなどダンス以外のジャンルへと活動の場を広げる。
  13年、イスラエルの奇才インバル・ピント&アブシャロム・ポラック演出/振付森山未來、満島ひかり主演『100万回生きたねこ』に出演。同年、最も尊敬する舞踊家黒沢美香振付作品『駈ける女』で「お互い間違えられるほどよく似ている」と専ら噂の上村なおかとデュオ共演。また10月には束芋(現代美術家)・森下真樹(舞踊家)―生年月日、出生地、血液型、三姉妹の共通点を持つ運命の出会いから数年あたため続けたダンス作品『錆からでた実』を青山円形劇場で発表。通称「毒祭り」と言われるほど、出演者きたまり・川村美紀子・森下真樹の強烈な個性ぶつかり合うスリリングな舞台で観客を湧かせる。 現在、(財)地域創造公共ホール現代ダンス活性化事業支援登録アーティスト。100人いたら100通りの顔や性格があるようにダンスがある!!をモットーに子どもから高齢者まで幅広い世代を対象にオリジナルダンスワークショップを展開。森下作品にワークショップ参加者を巻き込んだ劇場ツアー形式の公演もウリとする。同スタイルの公演をこれまでに国内10都市以上で実施。また「別府現代芸術フェスティバル」「越後妻有トリエンナーレ」「南郷アートプロジェクト」などでは、地域に滞在しその土地や人の個性を生かした作品づくりをする。中でも南郷アートプロジェクトでは、ダンスと音楽で展開させるパレートで500人近くと練り歩き、ラストは小学校校庭で参加者全員と踊るという一大スペクタクルを実現。 また、近年よりオヤジのモヤモヤがメラメラに変わる瞬間、何かが生まれる瞬間が見逃せないオヤジを対象にしたワークショップ「オヤジダンサーズ(O・Y・G)」を開催。これまでに松山・別府・福岡・熊本・広島などで発足。いずれは全国各地で発足し、オヤジを対面させる「O・Y・G甲子園」を目指す。10年には歴史的建築物八千代座にてピアニスト中川賢一(オヤジ)と八千代座を支える地域のオヤジたちとの作品『オヤジとマキの八千代座組曲』を発表、地域の人や資源を主役にしたドラマある一夜を上演。同時に、それぞれの地域の特徴などをひろいあげて「盆踊り」をつくる活動も展開中。これまでに「茅野うずうず音頭」「南郷うずうず音頭」「春日井うずうず音頭」「津奈木うずうず音頭」など地域の方々の協力を得て完成。ダンスが人や街を元気にすると信じ、地域に根ざした活動を今後も精力的に行う。 発条トでともに活動してきた音楽家粟津裕介と音楽ユニット「locolo code」を結成、ボーカルをつとめる。オリジナル曲『stringstream』はJ-WAVE「RADIO SAKAMOTO」で坂本龍一氏に絶賛される。現在iTunes Music Storeにて配信中。 2012年よりyanokami(矢野顕子・レイ・ハラカミ)のライブにゲスト出演、yanokami舞踊部として奇才矢野顕子の歌にハモルように踊る。今後も新たな活動の場を広げ、ジャンルを超えた活動に果敢にチャレンジする。


☆locolocode(ロコロコード)

☆まことクラヴ

☆yanokami

☆地域創造

print

copyright